2012年11月12日

冬の果物の代表格・りんごがお酒になりました!

冬の果物といったらいろいろありますが、なんといってもはずせないのが“りんご”。

その代表選手りんごがお酒になって登場です!

梅乃宿酒造  あらごしりんご酒♪

あらごしりんご酒.JPG

1800ml:2,940円   720ml:1,470円
アルコール度数:7%

国産のりんご果汁と果肉を贅沢に使用しました。すりおろしりんごと角切りりんごがたっぷり入っているので果汁感たっぷり!自然なりんごの甘味と瑞々しさが広がります。

まさしく「りんごを飲んでいる」ような贅沢なリキュールです。




あらごしりんごはデリケートな商品です。変色の恐れがありますので、開封後は冷蔵庫で保存しお早めにお召し上がりください。







posted by minowaki at 15:04| リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

ホワイトデーこんなのいかがでしょう

3月14日(水)はホワイトデー
「おっかなびっくり企画部」が提案する2つの商品
その@
マディラワイン&カカオを楽しむチョコレートたち 税込1,780円
120306_1957~0001.jpg120306_1956~0001.jpg
マディラワインは創業1870年「ヴィノス・ジャスティーノ・エンリケス社」の
ミディアム・ドライ・リザーブ5年 ジャスティーノです
そして首にかけてあるチョコレートの正体は

choco.jpg
2種類3個づつ計6個入っています
企画段階ではカカオ86%明治のビターの方がマディラと合いましたね
ラムレーズンのチョコレートを食べているいるような錯覚を覚えます
極めて芳醇でした
もちろんカカオ70%の森永のも合いました
少しソフトな印象です

マデイラワインはご存じ ポルトガル領のマディラ島で産出される世界3大酒精強化ワインのひとつ
ワインのように葡萄を醗酵させたものにグレープスピリッツを添加、夏は太陽熱で庫内が50度にもなり冬は15度を下回らない「カンテイロ(Canteiro)」と呼ばれる熟成庫で熟成される。まさにマディラ島ならではの熟成方法。また一般的にこうして加熱という酸化熟成工程を経たマディラは開栓後もそれ以上酸化が進まないため、長く風味を楽しむことができる

そのA
グリオッティンです(税込1,575円)
120306_1954~0002.jpg
チェリーを数種のスピリッツに浸漬したリキュール
チェリーがとってもおいしい
アイスに添えても旨しです
詳しくは「
ようこそグリオッティンの世界へ」をご覧ください

その@、そのAも旦那さんから奥さんへを想定
結局、ご夫婦で一家で楽しんでくださいね
というオチでした
ご利用お待ちしております
posted by minowaki at 21:20| リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

ようこそグリオッティンの世界へ

メーカーの「ディスティラリー・プールー社」とはオーギュスト・プールーがフランス東部のチェリーの名産地フージェローという小さな村に1864年創業した果実を使った蒸留酒製造会社です。

グリオッティンの黒チェリーの品種はオブラチンスキー(味、糖度が高い)、バルカン地方でしか収穫できないそうです
トレーニング受けた摘み手により手摘みされ
洗浄、選果され6時間以内にリキュール入りの樽に浸漬される
第一回目の浸漬工程後、再度選果、特別に開発された機械で果実に傷がつかないよう、茎の切込みから種を取りだす。これにより浸漬後も形状を維持出来るようになったとのことです
伝統的に受け継がれたチェリーを浸漬させるためのリキュールの組み合わせ、浸漬の回数、そしてその期間すべての工程を経て、最後に「グリオッティン」と呼べるべき決め手の仕上げブランデー(キルシュ)に浸漬される

●そのまま食べても美味しい
●また、製菓用だけではなく
●シャンパン・スパークリングワインに入れると立ち上る泡とグリオッティンが美しく踊ります
●ウォッカやテキーラとの相性も抜群、グリオッティンリキュールをベースのお酒に少し足してあげると実のチェリーと一緒にいただくとさらに良い
●また、フィンガーフードの、ハム、チーズなどに添えたり、アイス、チョコレートの相性も良い

あなたのアイディア次第で楽しく、美味しく活用できます

グリオッティン  税込 1,575円
(原産国 フランス:輸入元アサヒビール)
容量 350ml(内容比チェリー約55%、リキュール約45%)
アルコール度数15%
原料表示 チェリー、醸造アルコール、ブランデー(キルシュ)、砂糖
griottelinn.jpg
posted by minowaki at 16:04| リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする