2019年05月21日

珍しい 黒糖焼酎の新酒 あまみ長雲

3988163F-9C0A-48C7-9BF1-7FC85EA5AB7D.jpg
黒糖焼酎 あまみ長雲”新焼酎(新酒)”30度1.8L 2780円(税別)
黒糖焼酎は通常 一定期間の貯蔵熟成してからの商品化が一般的とされ、現在の長雲も2年以上の熟成を経てからの瓶詰出荷となっている。
この「あまみ長雲 新焼酎」は この4月(平成最後の蒸留?)に蒸留した焼酎です。
これまで ほとんど商品化されなかった、蒸留したての黒糖焼酎、荒々しい中にも青いサトウキビを感じさせるような豊かな風味。

フランスのアグリコールラム(ホワイト)の青っぽい香りに共通項を感じます

この時期しか味わえない逸品いかがですか!




posted by minowaki at 19:53| 焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すいこ 夏限定の泡盛です

B8A4E933-8D80-4090-9CE5-FB477A2753AA.jpg
夏限定 泡盛 すいこ19%1,8L 2000円(税別)

古式泡盛製法(シー汁浸漬法)によって仕込まれた翠古(すいこ)は味のあるコクとまろやかな口当たりが特徴です
その翠古の特徴、味わいを残しながら、夏向きに「すっきりとした切れの良さ」を出したのが、この「夏限定 翠古19度」。アルコール度数を44度から19度へ落とすにあたり、無濾過で仕上げているため濁りがあります。それは「翠古」のそして「泡盛」本来の「旨味」です。

ソーダ割りがおいしい
同量の炭酸水を入れる つまり倍に希釈すると
アルコール度数9%になります。 そこに氷を入れてさらに 爽快感アップ!
グレープフルーツの果皮のような 少し柑橘系のオイルっぽい香り
心地良い渋味と旨味、やわらかい酒質なので甘くも感じます
食事とも合います

また、氷だけ入れてロックもうまいです
posted by minowaki at 19:52| 焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

臭いやつ 「オナラ」じゃないよ 「おはら」だよ


12B75C13-B006-4B09-949E-FE9DD3CF3910.jpg
本坊酒造株式会社 津貫工場
芋焼酎 伝承さつまおはら にごり25度900mlびん 1,200円(税別)

昔ながらの濃醇で「芋臭い」味わい、現在の造りでは通常ありえない、旨味成分をできるだけ残すために蒸留後の濾過を行わずに製品化。
香味成分が綿状の浮遊物として析出したり、原料由来成分が油分として瓶上部に付着している場合がありますが品質上問題ないそうです

この油分、おいしいさの反面変質しやすい
なので、紫外線を避ける(外装紙ははがさず、そのままがおすすめ)
酸化しやすいので開栓したら早めに消費(個人的にはそんなに気になりません。2、3週間は大丈夫なのでは、またゆるやかな酸化による変化を楽しむのも面白い!)
posted by minowaki at 12:16| 焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

焼き芋戦隊 クロセンジャー

F098D7C0-B143-43EF-807A-ADA7D0F4A348.jpg
研究熱心なチャレンジ杜氏黒瀬安光氏によって世に送り出された「焼き芋戦隊クロセンジャー」
芋焼酎ファンの平和と幸せを守るため日々活躍中!
レンジャー紹介 
むかって左 ゴールド 1.8L 2,345円 720ml 1,364円
やきいも黒瀬
芋焼酎の”鉄板”原料芋「黄金千貫(こがねせんがん)」を絶妙な加減で焼き芋にして作った”元祖”焼き芋焼酎。
ロックで焼き芋の甘味を、お湯割りで焼き芋の香りをお楽しみください
真ん中 パープル 1.8L 2,636円 720ml 1,454円
紫やきいも黒瀬
「頴娃紫(えいむらさき)」を焼き芋にし、紫芋の中でも甘みがある「パープルスィートロード」をブレンド。
やさしい甘さと焼き芋の香ばしさが魅力的
むかって右 レッド1.8L 2,636円 720ml 1,454円
紅やきいも黒瀬
三年貯蔵した「紅さつま」の焼き芋焼酎古酒と新酒をブレンド、焼き芋焼酎ならではの香ばしさと、紅さつまの甘味が絶妙にマッチ

呑み比べも面白いですね。
是非チャレンジしてください!

posted by minowaki at 15:12| 焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

焼酎作りにかける情熱!

B2E0DDC5-B9E5-493B-8FF1-EF3525C62A71.jpg
奄美大島 黒糖焼酎を作っている山田酒造さんより暑中お見舞いのご挨拶いただきたました。
そこに書いてある文章「黒糖焼酎はお米(米麹)も主役です。山田酒造はその米作りにもこだわります、」
黒糖焼酎の風味のうち、主に甘味は米、香りは黒糖に由来し、その調和が味わいを作ると聞いたことがあります。
山田酒造さんの焼酎作りにかける情熱を感じましたので 皆様にもお伝えします!
posted by minowaki at 15:25| 焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

めずらしい黒糖焼酎の新酒です!

A2FD3444-D7B3-4049-895C-796D4D0FB680.jpg
【限定品】黒糖焼酎 長雲の新焼酎(2017年4月蒸留)1.8L  2,780円(税別)
レギュラーの長雲は2年以上熟成させたもの
しかし、こちらの新酒は4月に蒸留したばかりのもの、蒸留したてはほとんど商品化されていない 珍しい商品です。できたての荒削りな中 青いサトウキビを感じさせる風味豊か味わいが楽しめます。
生産本数1,000本 限定品です。
posted by minowaki at 11:28| 焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

爽快な飲み口で脱出だ!

D117EF68-EFA6-4A56-8C63-8E84B932FA04.jpg
鹿児島酒造   芋焼酎ALO ALO(アロアロ)1.8L 2,220円(税別)
夏のビーチが似合うラベルとビン
味わいもあいます、爽快だから!
ジメッとした都会の喧騒を 一口で忘れさせてくれるかも❓
夏の限定販売です
posted by minowaki at 13:24| 焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

バレンタインデーに俺もまぜてよ!芋臭いヤツが今年もやってきた

D696797C-23B8-4E12-BB0D-4D88352C2A2E.jpg
【限定】芋焼酎 伝承さつまおはら 薄にごり900ml 1,200円(税別)
毎年バレンタインデーの直前に入荷するこの「芋臭いやつ」 。まるで「バレンタインデーに俺もまぜてよ」と言わんばかりに!
そんな見方をすると愛らしいキャラに写りますね

にごりの正体は 旨味をタップリ含んだ油分
おいしいさの反面変質しやすい
なので、紫外線を避ける(外装紙ははがさず、そのままがおすすめ)
酸化しやすいので開栓したらはやめに消費(個人的にはそんなに気になりません。2、3週間は大丈夫なのでは、またゆるやかな酸化による変化を楽しむのも面白いかも)
posted by minowaki at 19:13| 焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿久根の新酒です

【限定】阿久根 新酒 無濾過 1,8L 2150円 720ml 1,250円(税別)
6BCD44AA-1BD8-48E9-AA68-DB02391E5727.jpg
S型白麹を使用すると
原料に由来する独特な香りを和らげて、口当たり柔らかく奥深い甘味とキレの良さを持つ焼酎が出来る
とのこと
麹菌を使いこなす腕前が大前提であることはいうまでもありません

現代の名工 黒瀬杜氏の看板商品だと私は思う「阿久根」
今回のは その出来立て 新酒 それも無濾過
際立つ甘味とコクをご堪能ください
個人的には お湯割りがオススメです


posted by minowaki at 18:54| 焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

「風の味」と書いて風味、風が育むのかな?ざわわ・・と感じてください

「あまみ長雲 新焼酎 20164月蒸留 301.8L」

(税別本体価格)2,620

長雲新焼酎.jpg

l   蒸留したての黒糖焼酎、これまでほとんど商品化されなかった。

黒糖焼酎は通常、一定期間の貯蔵熟成を経て商品化されるのが一般的。

長雲も2年以上の熟成を経てから瓶詰出荷となる。

この「あまみ長雲・新焼酎」は、今年4月に蒸留したもの、蒸留したての黒糖焼酎の荒々しい中にも青いサトウキビを感じさせるような風味をお楽しみください。


l   この新焼酎だけでも面白いですが

以下と飲み比べるともっと面白いです!


Ø  2年以上熟成させた“通常の”長雲

黒糖焼酎 長雲301.8L 2,620

  

Ø  2006年蒸留の10年熟成 

長期熟成 長雲301.8L4,270

IMG_0587 (240x320).jpg


l   まず新焼酎の香りを嗅ぐ

黒糖焼酎も蒸留したては青っぽい香りがする.

ざわわ・ざわわ・・・青々としたサトウキビ畑を彷彿とさせます

あの真っ黒い黒糖からできているのに

続いて通常の2年以上熟成させた長雲の香りを嗅ぐ


黒糖をお湯で溶いたような甘い香り

そしてさらに蒸留してから10年熟成させた長期熟成長雲の香りを嗅ぐ

複雑な香り

不思議です・・・熟成の妙? 風の仕業かしら?

posted by minowaki at 16:46| 焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする