2015年11月05日

南フランスからきたアプリコットネクター とろーりおいしいジュースです

ドメーヌ・ド・ラ・ヴィル・ルージュ ネクターダブリコ 2014年1L 1.470円(税別)
ネクターダブリコ.gif
おいしいです!

2014年ものが在庫あるうちに2015年入荷しました
お好きなほう選んで購入してくださいね
両方購入してその違いをみるなんて面白いかも!すごいコアな方ですね!

冷凍ではない、収穫したてのフレッシュなアプリコットを使用したアプリコットネクタージュース
パリの高級食品店フォションにもアプリコットを卸してます。その品質の高さは折り紙つき
1リットルのジュースに600〜700グラムのアプリコットが使われており果実そのものを飲んでいるような凝縮感があります

生産者は 南フランス、クローズエルミタージュにあるワイン生産者 ドメーヌ・ド・ラ・ヴィラ・ルージュ。
2006年にできたまだ歴史の浅いワイン生産者ですが、実は代々アプリコット農園を経営する農家、その歴史は古く、以前より自家用としてアプリコットネクターを作っていましたが、生産量はごくわずか、輸出はおろか対面販売にとどまっていました。


自然な味わいを表現するため、フィルターは非常に軽くかけられ、液中に果実の繊維分が見受けられることがありますが飲用に全く差し支えありません。なお、アプリコットのみでジュースにすると水分が少なくピューレ状になってしまうため水が加えられています。また、アプリコットは年によって酸味が強い場合があるため糖分が加えられています。水や砂糖の比率はアプリコットの成熟度合いにより変えられ、自然な味わいにするため最小限にとどめられています

フランス、特に南フランスで生産量が多く、いろいろな用途でたくさん消費されているそうです。ジャムを作ったり、タルトやケーキ、アイスクリームやシャーベット、お酒が入ったお菓子、シロップなどなど。また、日本のあんずとヨーロッパ系のアプリコットとは全く味わいが異なるそうです。


話しが脱線しますが
白ワインのティスティング用語で核タネ系フルーツ(果肉の中に大きな種があるフルーツ)というグループがあります
代表選手が桃やアプリコット、この機会に彼らフランス人が例えるフランスアプリコットの香りを体験するという非常にまじめな意見もあります(笑) みなさん頑張りましょう!

posted by minowaki at 21:09| 飲料水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする