前の記事 TOP 次の記事

2012年03月02日

ようこそグリオッティンの世界へ

メーカーの「ディスティラリー・プールー社」とはオーギュスト・プールーがフランス東部のチェリーの名産地フージェローという小さな村に1864年創業した果実を使った蒸留酒製造会社です。

グリオッティンの黒チェリーの品種はオブラチンスキー(味、糖度が高い)、バルカン地方でしか収穫できないそうです
トレーニング受けた摘み手により手摘みされ
洗浄、選果され6時間以内にリキュール入りの樽に浸漬される
第一回目の浸漬工程後、再度選果、特別に開発された機械で果実に傷がつかないよう、茎の切込みから種を取りだす。これにより浸漬後も形状を維持出来るようになったとのことです
伝統的に受け継がれたチェリーを浸漬させるためのリキュールの組み合わせ、浸漬の回数、そしてその期間すべての工程を経て、最後に「グリオッティン」と呼べるべき決め手の仕上げブランデー(キルシュ)に浸漬される

●そのまま食べても美味しい
●また、製菓用だけではなく
●シャンパン・スパークリングワインに入れると立ち上る泡とグリオッティンが美しく踊ります
●ウォッカやテキーラとの相性も抜群、グリオッティンリキュールをベースのお酒に少し足してあげると実のチェリーと一緒にいただくとさらに良い
●また、フィンガーフードの、ハム、チーズなどに添えたり、アイス、チョコレートの相性も良い

あなたのアイディア次第で楽しく、美味しく活用できます

グリオッティン  税込 1,575円
(原産国 フランス:輸入元アサヒビール)
容量 350ml(内容比チェリー約55%、リキュール約45%)
アルコール度数15%
原料表示 チェリー、醸造アルコール、ブランデー(キルシュ)、砂糖
griottelinn.jpg
posted by minowaki at 16:04 | リキュール




Powered by Seesaa